産み分けを成功させるために

a0780_000010.jpg
基本的に産み分けで女の子を授かる可能性は、
男の子に比べ、低くなってしまいます。
それでも、成功する可能性を高めることは、
不可能ではありません。

 

そこで、産み分けの大前提として、
100%の方法はない
ということを認識したうえで、
確率を高めるポイントを紹介します。

 

 

女の子の妊娠確率を高めるポイント

女の子を産む

 

基礎体温をしっかりはかり、排卵日を特定する

まず基本となる方法は、基礎体温をしっかりはかることです。
そこで、できるだけ正確に、排卵日を特定します。

 

性交はスケジュール通りに

そして、月経後、2日おきの間隔で性交しましょう。
また、最後の性交は、排卵日2日前にしておきます。

 

性交は軽く、短めに行う

その時の性交は、浅く挿入し、女性がオルガスムスを感じないうちに、
終わらせ、膣内を酸性に保つために、酢で膣内洗浄をしたり、
ピンクゼリーを使用することも、確実性を高めるコツです。

 

こうして、最後の性交を終えた後は、1週間ほど禁欲をするか、
もしくは、避妊をします。

 

 

一番大事なのポイントは?

この時、成功させるためのポイントは、何といっても排卵日の特定です。
それをより確実にするためには、病院での指導を受けることです

 

病院で、超音波検査やホルモン検査などをすれば、排卵の様子がわかります。
それに加え、薬の使用をすることも考えられます。
さらに、パーコール法で成功する可能性は高まります。

 

その他、電気泳動法やエリクソン法などもありますが、
これらの方法は現段階で問題点があったり、疑問視する声もあるので、今後、
将来的に実用化が期待できる方法です。

 

 

あとは、最近はより確率を高めるという意味で、
産み分けマニュアルというものも人気が高まっています。

 

100%確実なものではありませんが、
少しでも可能性を高めたいという人にとってはいいと思いますし、
実際にうちのサイトでもかなり購入者の方が多いです。

 

 

これらの方法が、現在の日本で行われている主な産み分け法になります。
そして、産み分けを成功させるためには、
これらの方法を確実に実行することがポイントです。


 

 

成功率93.3%の女の子産み分け法とは

産み分け

産み分け第一人者の吉田 美里氏が800人以上の成功者を出した健康な女の赤ちゃんを産む方法とは?!

 

 >> 公式サイトをチェック

 >> 男の子の産み分けはこちら